大旺新洋の社会貢献

震災復興

東日本大震災では、港の底に沈んだ漁網の除去に大旺新洋の船が活躍し、熊本地震では、阿蘇大橋の崩落により土砂で埋まった場所を無人化バックフォーで復旧する工事を担当しました。

気仙沼市

気仙沼市

環境保護

フロン破壊・再生事業を通して地球温暖化防止に取り組んでいます。また富士山の砂防対策工事や海上啓開活動といったボランティア活動も行っています。

環境事業部ではフロン破壊・再生により
温暖化防止に取り組んでいます。

遠隔操作で富士山の砂防対策工事を行っています。

災害対策

将来発生するかもしれない南海トラフ地震に備え、社員と地域の人たちを守る新社屋も建設しています。社会に対し良識を持った行動を取ること、社会的責任を認識することは、経営理念のひとつでもある大切な取組みです。

堤防築造の様子

建設中の新社屋は津波発生時に付近の人たちが避難所として利用できるよう設計されています。

南海トラフの最前線である高知県で、陸上土木事業、港湾土木事業、建築事業に携わる大旺新洋は、事業活動そのものが社会の安全と直結しています。社員一同がその責任の大きさを理解し、常に意識して業務に取り組んでいます。