健康経営への取組みとその成果

健康経営への取組みについて

大旺新洋では、「ワークライフバランスのとれた“命”と“健康”を守る会社」という経営目標を立てて、健康経営に取り組んでいます。現在では継続的な取組みが評価され、健康経営優良法人・大規模法人部門「ホワイト500」に2年連続で認定されています。大旺新洋は、今後も改善を積み重ね、健康経営を進めます。

取組み1. 健康管理体制の整備

大旺新洋では健康経営推進室を設置し、健康に対する取組みを行っています。また社内での健康の取組みをより正確に評価できるよう、令和元年6月竣工の本社社屋には保健室と健康相談室を設置し、社員として採用した保健師が常駐する予定です。

取組み2. 健康診断受診の促進と専門家による指導を実施

大旺新洋では健康診断受診率向上の取組みを継続しており、2018年に受診率100%を達成しました。また長時間労働者には医師面談を勧めるほか、長期間船上で勤務する船舶社員に対しては保健師・管理栄養士の指導も行います。人間ドックの費用補助も行っております。

取組み3. メンタルヘルスへの取組み

ストレスチェックや社員意識調査などを通して、社員の心の負荷をできる限り取り除けるような仕組みづくりを行っています。何よりも大事なのは社員の命と健康を守ることです。社員一人ひとりの意見を吸い上げ、より働きやすい職場になるよう継続した取組みを行います。

取組み4. その他活動

社員に対しては、健康講話の実施や自動販売機のカロリー表示などで健康への意識を高める取組みを行っています。メンタルヘルスケアの資格取得推奨、運動習慣定着に向けたクラブ活動の補助、コミュニケーション促進のための社員旅行の実施といった取組みも行っています。

健康事業所宣言

社員が心身ともに元気に働ける事業所を目指して、健康づくりに取り組むことを宣言します。

平成30年8月2日

大旺新洋株式会社 
代表取締役 尾﨑憲祐

  1. 健康診断の実施

    法令に従い、社員に対して健康診断を100%実施します。

  2. 社員の生活習慣改善を支援

    生活習慣の改善のため、健診結果に基づく保健指導及び特定保健指導を対象者全員が受けられるよう努めます。

  3. 検査・治療の勧奨

    健診結果で再検査、精密検査又は治療の必要があった場合、対象者全員に医療機関を受診するよう勧めます。

  4. 健康づくりに向けて次の取組を実施

    ・健康増進・生活習慣病対策
    ・食生活の改善
    ・運動の推進
    ・禁煙対策
    ・感染症対策
    ・こころの健康づくり