大旺新洋は、日々の暮らしを支える会社です。

大旺新洋は、「土木」「建築」の分野において全国で工事施工を請け負う会社です。また、「環境」の分野においても地球温暖化防止に貢献しています。
合言葉は「全社一丸」。全社をあげてお客様のニーズに応え、信用を獲得するだけでなく、社員同士も緊密にコミュニケーションを図るなど、人のつながりを大切にしています。 また、大旺新洋の強みは、有形無形の積み重ねから培われた「現場力」です。人々の生活、社会の基盤を支えているという「裏方のプライド。」を胸に、これからも各現場で精一杯汗をかき、多くの人々に喜ばれる仕事を目指します。

土木事業

社会インフラを整備・維持する公共工事を主に請け負う事業です。自然と共存し、地域の声に耳を傾ける現場づくりに取り組んでいます。

陸上土木

道路工事、トンネル工事、宅地造成工事をはじめとした、暮らしを守る基盤整備を行っています。また、高潮対策、道路の防災対策など、街の安全に考慮した工事も多く請け負っています。

四国横断自動車道替坂本工事

富士山源頭部谷底保護工事

港湾土木

海底の土砂を掘る浚渫工事や、港を波から守る護岸工事など、海に関わる工事を行っています。また、全国有数の作業船を保有しており、平成27年には最新鋭のグラブ式浚渫船「第十五龍正丸」が完成。湾岸整備などで活躍しています。

岸本海岸消波ブロック据付

第十五龍正丸

舗装

道路整備・舗装にもますます力を入れており、平成27年には、アスファルト製造プラント「四万十合材センター」が稼働開始。高知を中心に安全で快適な道路づくりを進めています。

国道494号道路改良工事

四万十合材センター

建築事業

官公庁施設やマンション、商業施設、公共施設において、お客様・利用者の方々の立場に立った建物づくりに努めています。そのために、お客様のニーズやイメージを専門スタッフが具体化するなど、設計段階からお客様の気持ちに寄り添うことを第一に考えています。

ピアース初台センティア

香美市庁舎

環境事業

大旺新洋は、地球温暖化をはじめとする環境問題にも積極的に取り組んでいます。環境事業部では、オゾン層破壊の原因となっているフロン類の破壊・再生、特殊ガスの廃棄処理、土壌汚染を引き起こすダイオキシンの無害化などの技術を提供しています。

フロン分解装置

土壌浄化装置

会社概要

商号 大旺新洋株式会社
設立 昭和26年10月
資本金 4億7,900万円
代表者 代表取締役社長/尾﨑 憲祐
従業員数 418名(平成29年6月現在)
主な資格者 技術士:2名
一級建築士:20名
一級土木施工管理技士:150名
一級建築施工管理技士:54名
(平成29年6月現在)
事業内容 総合建設業(土木、建築の設計施工)
環境事業(フロン分解装置の設計、製作、販売並びに処理事業)
事業所 高知本社・本店、東京支店、東北支店、名古屋支店、中国支店、九州支店
売上高
経常利益
平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
売上高 228億円 203億円 194億円 225億円
経常利益 9億6,100万円 8億5,800万円 11億3,100万円 14億100万円
売上高
経常利益
平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
185億円 228億円 203億円 194億円
6億1,200万円 9億6,100万円 8億5,800万円 11億3,100万円