健康経営

『健康経営優良法人 大規模法人部門(ホワイト500)』に2年連続で認定

平成31年2月21日

大旺新洋は平成31年2月21日、経済産業省と日本健康会議が共同で主催する『健康経営優良法人2019』の大規模法人部門(ホワイト500)に認定されました。昨年の『健康経営優良法人2018』に引き続き2年連続での認定となります。

大旺新洋では、「ワークライフバランスのとれた“命”と“健康”を守る会社」という健康経営方針のもと、健康診断の有所見者に対する受診勧奨や長時間労働者に対する医師面談の徹底などを継続するとともに、健康保険組合と連携を深めることで、今後も社員の健康、会社の健康に努めてまいります。

これからも、現在の取り組みを深化させるとともに、保険者との連携を深めることで、社員の健康、会社の健康に努めてまいります。

【健康経営優良法人認定制度について】

地域の健康課題に則した取組みや日本健康会議が進める健康増進の取組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業の法人を顕彰する制度です。

ヘルスアップチャレンジ2018
健康事業所宣言

健康事業所宣言

平成30年8月2日
大旺新洋株式会社 代表取締役 尾﨑憲祐

社員が心身ともに元気に働ける事業所を目指して、
健康づくりに取り組むことを宣言します。

  1. ①健康診断の実施

    法令に従い、社員に対して健康診断を100%実施します。

  2. ②社員の生活習慣改善を支援

    生活習慣の改善のため、健診結果に基づく保健指導及び
    特定保健指導を対象者全員が受けられるよう努めます。

  3. ③検査・治療の勧奨

    健診結果で再検査、精密検査又は治療の必要があった場合、
    対象者全員に医療機関を受診するよう勧めます。

  4. ④健康づくりに向けて次の取組を実施します
    • ○健康増進・生活習慣病対策
    • ○食生活の改善
    • ○運動の推進
    • ○禁煙対策
    • ○感染症対策
    • ○こころの健康づくり