沿革

昭和26年
「柳生産業」を創立
昭和27年
「高知港湾」を創立
昭和27年
「柳生産業」から「柳生建設」へ社名変更
昭和28年
宇佐漁港改修工事
昭和31年
高知県、笹ヶ谷林道工事16kmを完工
昭和40年
「高知港湾」から「司建設」へ社名変更
昭和40年
建築部を新設
昭和43年
高知駅前の桂旅館を受注
昭和43年
高知県仁淀川大橋完成
(四国初ニューマチックケーソン基礎)
昭和47年
高知県、横浪道路の宇佐大橋、導流堤を完工
昭和48年
「柳生司建設」として合併発足
昭和48年
社内募集により「大旺建設」へ社名変更
昭和48年
全国区を目指し、中央自動車道、沖縄訓練飛行場などを受注
昭和48年
高知市体育センターを完工
昭和49年
第15龍王丸を建造、船舶事業の本格展開を開始
昭和57年
富士山源頭部工事に着手(現在も施工継続中)
昭和57年
本四公団 番の州臨海工業団地 下部工を完工
昭和61年
関西国際空港工事に着手
平成10年
中筋川ダムが完成
平成10年
国民宿舎 足摺テルメを竣工
平成15年
青森県大豆田発電所を完工
平成16年
「旺栄開発工業(株)」を合併、
環境エンジニアリング事業部を発足
平成18年
高知県葉山風力発電所を完工
平成19年
フロンガス分解技術開発とCDM事業により、土木学会賞環境賞受賞
平成19年
平成19年7月1日をもって会社分割を行い、従来の「大旺建設株式会社」から、土木事業、建築事業、風力発電事業、環境エンジニアリング事業等を新会社である「大旺建設株式会社」へ承継
平成21年
平成21年6月1日「新洋共英株式会社」と合併し、社名を「大旺新洋株式会社」に変更。両者の事業を継続運営。